生活日誌2022

 

 



初日の出/都幾川(新東松山橋):新東松山橋(橋長~250m)は、都幾川に架かる国道407号上の橋で、高坂駅東側の「ピオニーウオーク」付近にある。東側展望歩道(都幾川下流方面)は、前面に広く開けており、初日の出の参拝には、絶好のスポットであった。当日は気温零下の非常に寒い朝ではあったが、展望歩道には、多くの参拝客が列をなしていた。また、ラッキーなことに、日の出とは反対方面(都幾川上流方面)には、富士山がクッキリと浮かび上がっていた。一方、西側展望歩道(都幾川上流方面)は、遠くに外秩父連山が広がる絶景の夕日スポットとされる。なので、初夕日を参拝するため、夕暮れ時(日没時刻∼4時半頃)に再訪した。夕日の隣に浮かび上がった富士山は、浮世絵のように、非常に美しかった。

初日の出(都幾川下流方面)

初夕日(都幾川上流方面)

早朝の初富士

夕暮れの初富士


初詣:元日に、箭弓稲荷神社を訪れた。ただし、参拝客が長い列をなして並んでいたので、参拝自体は割愛し、縁起物(家内安全のお札と交通安全の御守り)のみを買って帰宅した。


新春ぼたん展:昨年に引き続き、第2回目の新春ぼたん展(1/8‐1/23)が開催された。開花時期が調整された、新春の縁起花である「新春ぼたん」が、雪ん子のような「わらぼっち」」を掛けて、展示されていた。今年は、園内通路を挟んで、2列に対向配植されていた。株数は、約80株(?)とのこと。また、ゴルフ場に沿って配植されている「ロウバイ」が、例年よりも早く、咲いていた。訪問日(1/9)が日曜日で、気温も比較的高かったためか、園内遊園地には多くの子供が遊んでいた。