生活日誌2019

 

更新日:2019/01/14



新年初日の出:早朝6時頃に物見山(岩殿/高坂)に登り、生涯初めて、「初日の出」を拝んだ。「物見山」は比企丘陵の最高峰で、周りには、「岩殿観音正法寺」という名刹、埼玉県こども動物自然公園、埼玉平和資料館、大東文化大学、などがある。「物見山」の山名は、「坂上田村麻呂が東征のとき、この山に登り、四方を眺めた」ことに由来するとされている。「太陽が水平線から顔を出し始めると、空が徐々に茜色に染まっていき、さらには、空全体が徐々に明るくなっていく」色彩の変化を山頂から眺めることが出来た。山頂には、100人程度の参拝客が集っていた。次の機会は、何十年に一度の『新年号』初日の出(5月1日)であろう。ぜひとも、再訪したい。

 元旦初詣:初日の出を拝んだ後、「箭弓稲荷神社(箭弓町)」に直行した。この神社は創建1300年で、比企地方では、厚く信仰されている。例年通り、神様に参拝した後、おみくじを引き(小吉であった)、「家内安全」と「交通安全」のお守りを買って帰宅した。午後には長女の一家が来訪し、年末から帰郷している次女を含めて、立藏家全員が揃う。新年の初集いである。

奉納出初式:箭弓稲荷神社の恒例行事「奉納出初式」が、成人の日(今年は1月14日)午後2時から行われた。「比企鳶土木工業会・比企鳶消防記念会」の篤志の方々による披露です。多数の観客が見守る中、見事な技が次々と繰り出され、大きな拍手と声援が沸きあがっていました。親方の「甚句」も、良く通る澄んだ声で、素晴らしかった。「『江戸火消し』の伝統を受け継ぐ『梯子のり』である」とのことです。


旧友との再会

最終作成日:2018/12/29


11月中旬に、学生時代/会社時代の友人である「神山氏」と「桑原氏」の両人と15年ぶりに再会した。再会の場所は、3人の自宅がある野木、古河、東松山の中間に位置する川越となった。先ずは、川越の観光スポットの一つである「喜多院」に参拝した。西武本川越駅に近い「小江戸蔵里」のレストラン(まかない処/大正蔵)で、昼前から酒盛りを始め、おおいに語りかつ飲み、楽しい時を過ごした。酒宴後、レストランに隣接する「ききざけ処(昭和蔵)」で、埼玉県内35蔵の日本酒を飲み比べた。この時、小川町(松岡醸造)の「帝松」が特に好評であったことから、3人組を「帝松」と命名することとなった。

12月20日の忘年会の場所は、再会の場所「小江戸蔵里」に決めてあった。先ずは、JR川越駅で落ち合った後に、「時の鐘」まで散策した。中国人やマレー系と思しき観光客が熱心にカメラのシャッターを切っていた。その後、右往左往しながら、酒宴の場所である「まかない処/大正蔵」に辿り着いた。桑原氏が持参した日本酒(醸造タンクから直接汲み出した「西堀酒造の初しぼり」)と、神山氏が持参した「つまみ各種」をポリポリしながら、立藏君が持参した「杉升」で乾杯した。この杉升は、帝松樽酒~たるざけ~の付属升であり、「帝松」の焼き印がある。気が置けない愉快な会話が続き、『次回は、お花見時期かな?』とか言ってお開きとなった。