菜園生活2022



8月下旬になると猛暑の日々も終わり、圃場での作業も楽になった。圃場は、夏野菜から秋野菜に移行している。西側区間:カボチャ(コリンキー)の蔓が全面を覆っている。7月に実施すべき整枝・誘引(親蔓と子蔓を一本ずつ残し、余分な子蔓は摘み取る)をサボったせいである。収穫を8月中旬から開始したが、結実したカボチャを探すのが厄介であった。生食(サラダ)をメインにするため、レモン色で、ソフトボール大の未成熟状態で収穫している。東側区間:ズッキーニ・インゲン豆の跡地を整地し、秋植えジャガイモの定植に備えた。月末にはトマトも抜去した。トマトの収穫量は期待した通りであった。東区間で残っている野菜は、オクラ、ナス、ピーマンのみとなった。


今年は梅雨明けが早く、かつ、7月上旬には猛暑が続いたので、野菜への水遣りが大変であった。今の市民農園には給水設備がないため、自宅でポリタンクに水を詰めて、ほぼ毎日、圃場に運んだ。中旬になって豪雨が続いたので、息絶え絶えであったキュウリ、ピーマン、ナスが生き返った。大きな災害をもたらした豪雨ではあったが、野菜にとっては「恵みの雨」であった。西側区間:タマネギとジャガイモの跡地に、カボチャ(コリンキー)を定植した。順調に成長している。カボチャ栽培における定番/敷藁の代わりに遮光シートを利用している。東側区間:ズッキーニとモロッコインゲンについては、収穫を終えたので、撤去した。跡地には、秋植えジャガを植える予定である。その他の果菜類(トマト、キュウリ、オクラ、ナス、ピーマン)については収穫が続いている。今年の野菜は「美味しい」と評判である。月末には追肥して、収穫期間を延ばす。

西側区間(カボチャ/コリンキー)

東側区間(果菜類)



西側区間(南北畝1.25m×10m×4列):タマネギ(600個)については6月初旬までに収穫を済ませた。早生種、中生種、晩生種、赤玉の全種ともに、立派な大玉に生育しため、保存スペースの確保に苦労するほどである。ジャガイモについては、梅雨模様が本格化する前の6月中旬に収穫出来た。佐藤家(長女と孫娘2人)が参加してくれたので、楽しい収穫であった。収穫量は予想以上であった。ニンジンについては、6月中旬から、本格的な収穫を始めた。姿の良いニンジンも収穫出来ている。東側区間(東西畝1.25m×5m×8列):ズッキーニは収穫の最盛期を迎えている。生育が非常に速いので、収穫に忙しい。モロッコインゲン、トマト、キュウリの収穫開始は梅雨明けとなろう。オクラ、ナス、ピーマンは、依然として、苗の育成中である。


南北畝(1.25m×10m×4列):玉ねぎ(2列):「早どり種」は5月前半に収穫完了。「赤玉種」は5月中旬から収穫開始。「つり玉/貯蔵用」は6月上旬から収穫する。ジャガイモ(1列):5月中旬から「花」が咲き始めた。梅雨前の収穫を予定。ニンジン(1/2列):間引き・追肥が終了し、順調に生育。7月上旬からの収穫を予定。東西畝(1.25m×5m×8列):北側から順に、ズッキーニ、平鞘インゲン、赤玉トマト、黄玉トマト、キュウリ、オクラ、ナス、ピーマンの8種類を定植した。ズッキーニ:5月下旬から収穫を始めた。平鞘インゲン:4月に播種したものについては発芽不全であったため、5月上旬に再播種した。トマト:支柱立てを実施。キュウリ:支柱立て、ネット張りを実施。ナス・ピーマン:「トンネル仕立て」で生育中である。

圃場全体

南北畝(3列半)

東西畝(8列)



圃場(10m×10m)を西側区間と東側区間に2分割し、西側区間は南北畝4本(1.25m×10m×4列)、東側区間は東西畝8本(1.25m×5m×8列)構成である。南北畝の現況タマネギを2本の南北畝に定植してある。4月下旬から早生種の収穫を始めた。この品種(早甘果/あすか)は柔らかくで甘い。タマネギの東隣畝にジャガイモを定植してあるが、4月中旬から芽を出し始めた。ジャガイモの東側畝にニンジンを直播したが、30%程度で発芽した。ニンジンの栽培には数年続けて失敗していたので、低発芽率ではあるが、非常に嬉しい。家内にも顔向けができる。東西畝の現況:最北側の畝にズッキニーニを定植した。その隣の畝にインゲンを直播した。残り6本の東西畝は空地である。育苗状況:ミニトマト(赤トマトと黄トマト)、米ナス、キュウリ、ピーマン、オクラを自宅で育苗しているが、極めて順調に成長している。

南北畝

東西畝

ニンジンの葉っぱ



圃場の現況:ニンジンを3月中旬に直播した。タマネギ(10m×2列)、ジャガイモ(10m×1列)、ニンジン(5m×1列)、作業エリア(5m×1列)の合計(10m×4列)は、圃場全体(10m×10m)の50%である。残り50%については、育苗野菜を、順次定植する予定である。自宅での育苗:自宅の縁側に小型のビニールハウスを設置した。従来のハウスよりも大型である。育苗の第一陣として、5種類(赤トマト、黄トマト、米ナス、ピーマン、ズッキニーニ)をポット播種した。4月中旬にポット替え、4月下旬∼5月上旬に定植を予定している。第二弾(キュウリ、オクラ、インゲン)のポット播種については、4月中旬に予定している。


マネギの追肥:早生品種の『止め肥』を2月中旬に施した。残る中生品種と晩生品種については、3月上旬に実施する予定である。なお、タマネギ畝は2列あり、それぞれにマルチを掛けていたが、片方の畝のマルチが強風により剥れてしまった。そのため、寒冷紗でトンネル作り、応急処置/保温対策を講じた。新しい市民農園では強い風が吹くことが分かったので、来年からは、マルチをピンで固定することにする。ジャガイモの定植:2月中旬に、施肥(堆肥、苦土石灰、化成肥料)・鍬耕耘・畝づくりを行い、2月後半(2/18)に、種イモの定植を行った。品種は『ダンシャク』と『メイクイン』である。ゴロゴロしていた生活から抜け出し、菜園生活が始まった。農作業後の疲労感が快い。


作付け計画:春野菜の作付け計画を策定した。現状は、タマネギ(600本)を定植してあるのみである。2月/3月に、ジャガイモを植え付ける。タマネギ区間とジャガイモ区間を並列配置しておけば、収穫後の区画利用が簡易になる。タマネギとジャガイモの収穫時期が、ほぼ同じ(~5月下旬)であるためである。収穫後には、サラダカボチャ(コリンキー)を栽培する。春野菜の定植:定植時期は、4月/5月である。ニンジンとリーフレタスはオプションである。野菜種(ミニトマト、ナス、ピーマン、キュウリ、ズッキーニ、オクラ、インゲン)については「サカタのタネ」に発注済である。育苗は自宅で行う。生育が良くない種類については、地元の農産物直売所で、代替・追加購入する。